脂肪細胞の数を減らす

ウエストを測る人

人間は高齢になるといろんなところが衰えていきます。ですから、いつまでも若い頃と同じ生活を続けていくと次第に脂肪がついてしまうでしょう。若いころは基礎代謝も高いので、沢山食事をした後でも運動をすることなく体型を維持することはできました。しかし年齢が上がると、基礎代謝は低下してしまうでしょう。そのため、ダイエットをしないと体型を維持することはできなくなってしまいます。

そんな女性に効果的なのは、大阪の美容整形外科でも行なっている脂肪吸引です。人間の脂肪細胞を専用の器具を使って分解して吸引する施術です。脂肪細胞の数はみんな一緒ですが、脂肪細胞の大きさは個人差があります。太りにくい体質の人は小さくて、少し食べると太る人は脂肪細胞が大きいのかもしれません。ですからほとんどダイエットしなくてもスタイルの良い女性はいるのです。大きな脂肪細胞が女性の天敵です。大阪の美容整形外科では、この脂肪細胞の数を減らすことで理想とするスタイルに近づける脂肪吸引をしています。多くの女性が施術をして美しいスタイルを手に入れているので、ダイエットしたい女性に最適といえます。

さらに、大きな脂肪細胞をそのままにしておくと、やがて健康を蝕んでしまうリスクが大きくなります。つまり、大阪の美容整形外科で脂肪吸引をすることは健康に良いということになります。脂肪細胞には中性脂肪が溜まっていくために、次第に巨大化することが研究でわかっています。脂肪細胞が巨大化することで悪玉ホルモンが多く分泌されることが原因で、様々な生活習慣病の原因となります。元々、脂肪細胞は善玉ホルモンと悪玉ホルモンの2つを分泌しているのですが、巨大化すると悪玉ホルモンの分泌量が増えてしまうのです。そのために、健康状態が悪くなるリスクが高くなってしまうでしょう。大阪の美容清家外科で脂肪吸引を行なうと、ダイエットだけでなく生活習慣病の予防もすることができます。脂肪細胞の数を減らして理想のスタイルを手に入れて、なおかつ健康な体に維持したい女性に脂肪吸引はオススメです。